講義レポート前期⑬千玄室先生

2018年9月1日(土)の講義は、裏千家大宗匠の千玄室先生による「茶の心-和・敬・清・寂-」でした。講義は橘会館から場所を移し、裏千家センターにて行われました。裏千家ではまずお茶とお菓子を頂きました。続いて、千玄室大宗匠に茶道の本質をお話しいただき、またそれだけにとどまらず国際関係やご自身の戦争体験などを交えながら、茶の持つ文化、平和思想に対しての考え方などお話し頂きました。作法の重要性ではなく、自らがお茶を点ておもてなしすることの大切さをお話しいただき、茶道の持つ堅苦しいなどのイメージが取り払われ身近なものに感じました。大宗匠の人生観を深く感じられるとても貴重な時間でした。

その後のリフレクションでも受講生から様々な感想が飛び交い大いに盛り上がりました。

前期では最後の講義となりました。また後期からどうぞよろしくお願い致します。