第4期受講生インタビュー⑮

ELP受講生Interview

2018年12月7日 教育 代表

 

粟野 プログラムの中で特に印象に残った講義はありましたか。

 

受講生 森先生の講義です。私は子どもを対象とした教育の仕事をしていますが、その教育の中で感性を養うことが大切だと思っています。数学は好きだったのですが、高校に入ってから数学を熱心に学ぶ環境ではなくなりました。講義の資料を見て、数学は美しいという理由がよくわかり、そのような感性を養うために 大切な学問だと思いました。

 

ELP受講生インタビュー

 

粟野 ELP全体としてはいかがでしたでしょうか。

 

受講生 今までは日々仕事に追われ、勢いでやってきた部分も多々あり、自分自身が何をしてきたのか振り返ることができていませんでした。しかし、今回ELPに参加し先生方のお話しを聞くことで、今までやってきたことを洗い出し、自分にとって必要なことや足りないところを肉付けしたり、自分自身を再分析することができました。

 

粟野 ELPの学びを現在、もしくは将来のお仕事に活かすことはできますか?

 

受講生 子どもの可能性を伸ばすのには、子ども自身の経験や体験が重要だと思います。ELPを受講したことで、狭い考えではなく、広い視野で物事が見られるようになりました。そのことで子どもへの接し方も変化したように思います。

 

粟野 それでは最後に、これから受講される方々へのメッセージをお願いします。

 

受講生 受講生の皆さん、ELPに参加するまでに様々なキャリアを持ち自分自身の基盤となる考え方を持っていると思いますが、ELPの学びが入ることによって、過去の経験を振り返り、再構築し、リーダーシップマインドを醸成することができます。また、それぞれが抱える課題をクリアすることにつながると思います。

 

粟野 貴重なお話をありがとうございました。修了後もどうぞよろしくお願いいたします。