講義レポート前期⑪ 趙亮先生・柴田一成先生

2019年7月20日(土)午前は、京都大学総合生存学館准教授の趙亮先生による『人工知能が人類の脅威となるか』の講義でした。智慧を通して、AIに対する期待と脅威や、この世界が人類にとって望ましい方向に行くための人間の根本的な価値や人工知能研究の方向性について議論が交わされました。

午後は、京都大学大学院理学研究科附属天文台教授の柴田一成先生による『太陽プラズマ現象と宇宙天気予報』の講義でした。太陽フレアの鮮明な映像を見ながら地球にもたらす様々な影響を学びました。また、岡山に新たにできた東洋一の天文台の最新情報や花山天文台の新しい構想についてもお話しいただきました。

講義後は京大落研による『京大寄席』を橘会館で行ないました。迫力のある落語に最後は全員がアンコールしました。