講義レポート後期④ 鹿島久嗣先生、宇佐美誠先生

2019年10月26日(土)、午前の講義は京都大学大学院情報学研究科鹿島久嗣教授による『機械学習』でした。人工知能とは何か、機械学習とは何かを、基本からお教えいただき、その理解の上に立って、どのようにその技術を活用できるかその現在と未来についてお話いただきました。

午後は、京都大学大学院地球環境学堂宇佐美誠教授による『正義論』でした。西洋正義思想史をたどりながら正義とは何かという問いを浮き彫りにし、平等、格差について深く多角的な視点からお話いただきました。討論の時間には、具体的なケースを取り上げ、先生と受講生そして受講生同士で白熱した議論が行われました。

講義後には課外プログラム『異分野研究者交流会』が開かれました。講師である宮野公樹先生の進行の元、医薬、災害リスク、研究倫理、野生動物など、幅広い研究者がポスター発表を行いました。続いて行われた交流会では、それぞれの研究者と受講生が研究について語り合い、親睦を深めました。