ELP短期集中講座『食と農』を開講します!

京都⼤学ELP短期講座 「⾷と農 〜その思想と社会的課題、先端テクノロジーを学ぶ〜」

2022年2⽉4⽇(⾦)、5⽇(⼟)、12⽇(⼟)、13⽇(⽇)

 

オンライン説明会を12/28(火)12:00-13:00に開催します!

 

京都⼤学主催の社会⼈向けプログラム「京都⼤学エグゼクティブ・リーダーシップ・プログラム(ELP)」は、特定分野に焦点を当てた「京都⼤学ELP短期講座」を開講します。今回のテーマは「⾷と農」です。⾷と農が抱える社会的課題、最先端の研究と技術、そのビジネスへの応⽤、そしてこれからの⾷と農はどうあるべきか、分野をリードする研究者を迎え、全国から集まる受講⽣が共に学び、考え、熱い議論を交わします。

<講座概要>

⾷べることは⽣きることの基本であり、農業は社会の基盤となる最重要産業です。⼟地も資源も有限の地球上の⼈⼝が今世紀の後半には100億⼈に達するとも⾔われる中、安定して持続可能な⾷糧の供給は⼈類にとって最⼤の課題の⼀つです。この課題を解決するためには、バイオテクノロジーやロボティクス・情報技術などを駆使した⾷糧⽣産技術の発達はもちろん、農地の拡⼤による⽣態系や地球環境への影響、政治経済や消費者⼼理など、様々な専⾨領域にまたがる知⾒を結集させなくてはなりません。また、⼈にとっての⾷と農の意味は、単なる⽣命活動の維持に留まりません。それは⼈と⼈とのコミュニケーションを媒介し、豊かな⽂化を育み、⾵景や環境を形づくってきました。本講座では、⾷と農に関わる最先端且つ⾰新的な研究と科学技術から、その技術を応⽤したビジネス、また、⾷の安全保障や⾷品リスク認知などの社会的課題、そして⽂化や哲学に⾄るまで、多様な分野の識者から⾷と農の歴史と現在について学び、未来について考えます。

⽇ 程:2022年2⽉4⽇(⾦)・5⽇(⼟)・12⽇(⼟)・13⽇(⽇)9:30〜18:00

※⽇によって開始・終了時間は異なります。 ※18時以降懇親会あり。

場 所2⽉4⽇(⾦)・5⽇(⼟)@京都⼤学芝蘭会館山内ホール

2⽉12⽇(⼟)・13⽇(⽇)@京都⼤学時計台国際交流ホール

全国で新型コロナウイルス感染症が第6波を迎え、
各地でまん延防止等重点措置も適用されています。

この状況に鑑み、講義の日程は変更せずに、
全ての講義をオンラインにて行うことを決定いたしました。
また、 4月9日(土) に対面で行う講義もご用意いたします。

詳細は下記カリキュラム表をご覧ください。

定 員:先着30名(定員に達し次第締め切り)

受講料50万円(税込)テキスト代、ランチ代、交流会費含む。

上述のプログラム変更に伴いまして、受講料を次のように変更いたします。

A)オンライン4日間受講(2月4日、5日、12日、13日):40万円(税込)

B)オンライン+リアル5日間受講(2月4日、5日、12日、13日、4月9日):45万円(税込)

※同⼀企業からの参加割引あり。

特 典:京⼤研究者・京⼤⽣が選ぶ今⾯⽩い「⾷と農」の研究者5名のインタビュー冊⼦付き

申 込https://business.form-mailer.jp/lp/2bdf59be155345

お申し込み後、オンライン4日間受講あるいはオンライン+リアル5日間受講のいずれかの受講形態をお選びいただくことができます。

申込締切:2022年1月11日(火)

本講座のキャンセルについて

お客様のご都合により、お申し込み後キャンセルされる場合には下記のとおりキャンセル料を申し受けます。何卒ご了承くださいませ。

(1) 開講日の7日前から前々日 受講料の30%

(2) 開講日の前日から当日 受講料の100%

講義概要は特設サイトからご覧いただけます。

☞特設サイトはこちら☜

 

 

京都⼤学ELP事務局(粟野・藤原・鈴⽊) 京都市左京区吉⽥橘町1 橘会館内

[TEL] 075-753-5158

[FAX] 075-753-5154 [Email] info*elp.kyoto-u.ac.jp  *は@に置き換えてください。