ルネサンスの革新者たち

「もの」としての絵画に着目して

平川 佳世 HIRAKAWA Kayo
京都大学大学院文学研究科 教授

講義概要

本講義では、美術史学の思考法や研究法を学び、美術史研究の最新の動向に触れることで、巨匠たちの創造行為の本質に迫ります。題材として取り上げるのは、15、16世紀、すなわち、西洋美術史の革新の時代です。「ルネサンス」と一般に呼ばれるこの時代には、イタリアやネーデルラント(現在のベルギー、オランダなどに該当)をはじめとするヨーロッパの各地で、まさに「巨匠」の名に相応しい才能あふれる芸術家たちが活躍しました。ファン・エイク、レオナルド・ダ・ヴィンチ、デューラー・・・。本講義では芸術作品の「もの」としての側面に着目しながら、彼らの類まれな才能の本質、その「革新」と「独創性」に迫ります。

世の中をどのように変えるのか、どんなインパクトがあるのか

デジタル技術が進んだ現代では、文字情報、画像、映像など、様々な人類の所産がデジタル化されて、インターネットへの接続環境さえ整っていれば、世界のあらゆる場所で均質的に鑑賞することが可能です。ルネサンスの巨匠たちの絵画も例外ではありあせん。私たちは自宅にいながらにして、美術館のサイトにアクセスし、高画質画像を閲覧して作品を鑑賞することができます。しかし、こうした時代に忘れがちなのは、「絵」とはそもそも板や画布に絵具を塗って作り出された「もの」であり、ルネサンスの「革新者」たちは独創的な「アイデア」を絵という「もの」に実現する卓越した「技術」を持つ「技術者」でもあった、という点です。こうした視点から過去の巨匠たちの創造行為を再考することで、デジタル化時代における「もの」の存在意義について、真の革新者に求められる「アイデア」とそれを実現する確かな「技術」、そうして作り出された「もの」がいかに新しい「経験」を人々に与えるのかということについて、提言を行います。

講師プロフィール

経歴

1991年京都大学文学部史学科(考古学専攻)卒業。ビクター音楽産業株式会社勤務を経て、1993年京都大学文学部哲学科(美学美術史学専修)に編入学、1995年同大学院修士課程に進学、2000年同大学院博士後期課程を研究指導認定退学。その間、1998年10月より1999年3月までウィーン大学に留学。博士(文学)(京都大学)。2001年、近畿大学文芸学部講師に着任、助教授、准教授として2008年度まで教鞭をとる。その間、2007年9月より2008年3月まで、ローマ、マックス・プランク美術史研究所に研究滞在。2009年より京都大学文学研究科准教授、2014年3月より半年間、客員研究員としてトリーア大学に滞在、2017年より現職。専門は北方ルネサンス絵画史。

著書

The Pictorialization of Dürer’s Drawings in Northern Europe in the Sixteenth and Seventeenth Centuries, Peter Lang, Bern(2009年)、Kyoto Studies in Art History, vol. 1, Sacred and Profane in Early Modern Art, Graduate School of Letters, Kyoto University, Kyoto (2016年 編著)、田辺幹之助編『祈念像の美術』(「ヨーロッパ中世美術論集」第3巻) 竹林舎(2018年 共著)、中村俊春編『絵画にみる私的世界の表象』(「変容する親密圏/公共圏」第3巻)京都大学学術出版会(2012年 共著)、蜷川順子編『人のイメージ――共存のシュミラークル』(「初期ネーデルラント美術にみる個と宇宙」第1巻)ありな書房(2011年 共著)など、近年の論文に、“Albrecht Dürer’s The Desperate Man: Fleeting Images and the Creating Hand,” Kyoto Studies in Art History, vol. 2, Graduate School of Letters, Kyoto University, Kyoto, 2017, pp. 3―18、「スプランゲル作《最後の審判》――銅板油彩画の宗教的機能に関する試論」『京都美術史学』第1号、掲載頁未定(2020年刊行予定)などがある。