いけばなの美と哲学

いけばなにみられる日本の美意識と精神性を造形から解く

池坊 専好 IKENOBO Senko
華道家元池坊 次期家元

講義概要

日本のいけばなは表面的な形や色の美しさに留まらず、植物のいのちの様に美を感じ、また人と自然とを関連づけて捉えるところに、その特徴が見受けられる。いけばなに於けるアシンメトリーな造形から日本の美意識を探り、その背景にある自然観について考える

講師プロフィール

経歴

2015年 京都工芸繊維大学大学院工芸科学研究科 博士後期課程修了(先端ファイブロ科学専攻)。
小野妹子を道祖として仰ぎ、室町時代にその理念を確立させた華道家元池坊の次期家元。日本いけばな芸術協会副会長も務める。いのちをいかすという池坊いけばなの心を通した多彩な活動を展開。
2013年にはハーバード大学においてワークショップを、またニューヨーク国連本部において献花を行なう。アイスランド共和国名誉領事。