人工知能とそのインパクト

人工知能とは何か、その技術の考え方とインパクトを議論する

金出 武雄 KANADE Takeo
カーネギーメロン大学ワイタカー記念全学教授
京都大学高等研究院招聘特別教授

講義概要

「人工知能」という言葉を聞かない日はないと言っていいほどのこの頃である。しかし、一般には、その技術的内容については深層学習・シンギュラリティと言う言葉からの想像を超えない理解、その社会的インパクトについては懐疑論から極端な恐怖論までセンセーショナルな議論が多く見受けられるようである。このあたりについて、講義とディスカッションと、かつ講師の研究生活から得た発想法を通じて、より正確な理解と本質的な議論とを目指したい。

世の中をどのように変えるのか、どんなインパクトがあるのか

人工知能は、「ひとが一般に知能的と呼ぶ能力」を人工的に、現在では主にコンピュータによって実現しようとする科学工学の分野である。いくつかの領域ではすでに、人と同様、時には人以上の能力を持つものが現れている。その社会的インパクトは大きい。新しい機能や産業が人の生活を豊かにし、人の能力自体もその助けを借りて進み、これまで難しかった多くの問題の解決につながると思われる。一方、現在の多くの職業はAIによって置き換わる可能性は明らかであるし、人工知能が創造も含め人を超えたときには「人とは何か」という根源的な問い(一意的な回答はないだろうが)を発していると考えられる。

講師プロフィール

経歴

人工知能、ロボット、計算機視覚の研究者。1993年京都大学で博士号・助教授の後、1980年カーネギーメロン大学に移籍し、同大学ロボット研究所Directorなど歴任。400以上の論文と120,000回以上の参照数により、h-indexと呼ばれる論文インパクト指標において計算機科学分野TOP10(2020)に入る。主な研究成果は、世界最初の顔画像認識、MPEGなど動画像処理における最も基本的なアルゴリズムであるLucas-Kanade法,1995年に最初にアメリカ大陸を横断した自動運転車Navlab5,第35回スーパーボウルで採用された33台のロボットカメラによる360度の視野回転のプレー再生システムEye Visionなど。京都賞、フランクリン財団バウアー賞、米国計算機学会/人工知能学会アレン・ニューウェル賞 、米国電気電子学会Founders Medal、日本人工知能学会功績賞など。文化功労者、日本学士院会員、米国工学アカデミー外国特別会員。