問いのデザイン

多様な個を活かすも埋没させるも「問い」しだい

塩瀬 隆之 SHIOSE Takayuki
京都大学総合博物館 准教授

講義概要

「ロボットは意識を持ちうるか?」「社会がなくても心は存在するか?」など、わたしたちを思考の衝動に誘う「深い問い」とはどのようなものか。その深く考えるきっかけとなる「問い」を生み出すための方法論や、問いがどのように生まれ、どのように消えるか、問いのデザイン手法について概説する。
組織の中で個の多様性を活かし、一人一人の個人的な動機と経験を揺動する核心を突いた問いを投げかけられるかどうかは、次世代リーダーシップの多寡を推し量る試金石となりうる。ダイバーシティを適切に価値変換する力は、オープンイノベーションが求められる組織においても、多様なステークホルダーや新規の事業パートナーとの新たなアライアンス形成に通底する必須スキルとしても期待される。本講義では、問いのデザイン手法や実例から、受講生各自の専門領域で接する課題と向き合えるようなコミュニケーションデザインの習得を目指す。

世の中をどのように変えるのか、どんなインパクトがあるのか

社会も組織もスイッチ一つでは何も変化が起こらないが、いずれもその成員となる個が変わらなければ、大きな変革の種も生まれない。アイデアの種はすでにあったととしても、同じ成員が、同じ会議の方法で、同じ評価方法を続ける限りは、新しいアイデアは社会変革に結実しない。解決策は特別な才能ではなく極めてシンプルな方法である。多様な個が埋没する組織の仕組みを理解し、確かな観察眼と精緻な論理的思考を組み合わせることである。

講師プロフィール

経歴

京都大学工学部精密工学科卒業、同大学院工学研究科修了。機械学習による熟練技能継承支援システムの研究で工学博士。ATR 知能ロボティクス研究所、慶応義塾大学SFC 研究所客員研究員など併任。京都大学大学院情報学研究科助教、京都大学総合博物館准教授を経て2012年6月退職。同7月より経済産業省産業技術政策課 課長補佐( 技術戦略)。2014 年7月京都大学総合博物館准教授に復職。NHK E テレ「カガクノミカタ」番組制作委員。日本科学未来館“ おや? ” っこひろば総合監修者。平成29 年 文部科学省 中央教育審議会委員( 数理探究)、平成30 年より現在 経済産業省 産業構造審議会イノベーション小委員会委員、特許庁知財創造教育調査委員、文化庁伝統工芸用具・原材料調査委員、日本医療研究開発機構プログラムオフィサーなど。平成29 年度文部科学大臣表彰・科学技術賞(理解増進部門)ほか受賞多数。

著書

『科学技術 Xの謎』化学同人( 2010年 共著)、『インクルーシブデザイン』学芸出版社( 2014年 共著)など。