エネルギー利用における原子力のあり方

原子力の認識論、再構築への試み

山名 元 YAMANA Hajimu
原子力損害賠償・廃炉等支援機構 理事長
京都大学 名誉教授

講義概要

福島第一原子力発電所事故以降の、我が国の原子力利用に対する国民の信頼は地に落ちた。一方で、高止まりする日本のエネルギーコスト、エネルギー資源の海外依存度の高さ、国際的な温室効果ガス排出削減の圧力、代替エネルギー確保の遅れ、などの厳しい状況の下で、原子力依存度低減や廃止が、どこまで可能なのか。本授業では、先ず、現在、電力市場やエネルギー市場において進んでいる大きな変化(再生エネルギーの拡大、CO2排出削減、エネルギー需要の変化他)について概観し、次に、事故を起こすに至った日本の原子力事業の本質的問題点をレビューすると共に、日本のエネルギー事情の下での原子力発電の意義やメリットを分析的に理解した上で、今後の原子力利用を考える上で解決すべき問題や政策的課題を考える。授業では、国民感情、経済性、放射性廃棄物問題、安全性、電気事業改革との関わり、等の視点からの定量的な解説を含む。

世の中をどのように変えるのか、どんなインパクトがあるのか

エネルギー確保は、産業立国日本の経済や社会の基根幹的な問題の一つであり、原子力は、本来は、ベースロードという役割を担う有力なエネルギー源の一つである。しかるに、原子力事故以降、電気事業者や政府に対する不信の高まりと共に、原子力問題を冷静に考えるハイレベルの議論の機会がなくなった。司法の混乱、政治のポピュリズム化、科学技術不信など、原子力事故が生み出した様々な社会的混乱が続く中で、原子力問題の本質を冷静に学ぶことは、今後の日本経済や社会の在りようを考える上での、大きなヒントを与えると期待できる。

講師プロフィール

経歴

1981年東北大学工学博士。1981年~1996年、旧動力炉・核燃料開発事業団にて、主任研究員として再処理開発や先進リサイクルシステム開発に従事。1996年より京都大学原子炉実験所助教授。2002年より教授。専門は、アクチニド元素の放射化学、核燃料サイクル工学など。2013年8月より発足した、福島第一原子力発電所廃炉技術の開発に当たる、技術研究組合・国際廃炉研究開発機構の理事長を務め、2014年8月からは原子力損害賠償・廃炉等支援機構の廃炉責任者である副理事長に就任。2015年9月からは同機構理事長として、福島第一発電所の廃炉戦略立案に当たっている。
2013年より総合資源エネルギー調査会の基本政策分科会の委員、同分科会原子力小委員会、長期エネルギー需給見通小委員会、発電コスト検討小委員会、原子力小委員会 原子力事業環境整備 検討専門ワーキンググループの委員として、エネルギー基本計画や原子力政策の策定に関わってきた。

著書

『間違いだらけの原子力・再処理問題』WAC出版(2008年)、『放射能の真実』電気新聞ブックス、『それでも日本は原発を止められない』産経新聞出版(2011年 共著)、『原子力安全基盤科学1: 原子力発電所事故と原子力の安全』京都大学学術出版会(2017年 編著)、『原子力安全基盤科学2: 原子力バックエンドと放射性廃棄物』京都大学学術出版会(2017年 編著)。