講義レポート前期⑥河合江理子先生・山極壽一先生

2017年6月17日の講義は、ELPs初の東京開催でした。記念すべき午前の講義は、京都大学総合生存学館教授、河合江理子先生による『グローバルコミュニケーション』でした。文化の違いによるコミュニケーションのスタイルや海外向けのプレゼンテーションや交渉術など、河合先生の豊富な経験をもとにしたお話を沢山聞くことができました。受講生がビジネスで経験する海外とのコミュニケーションの話もふまえて活発な議論が行われました。
 
午後は公開講義が行われました。講義をしてくださったのは、京都大学総長、山極壽一先生による『人類進化論』でした。
「今日は総長ではなく、文化人類学者として話します。」という前置きからスタートして、「人類のサル化」をテーマに、人類の行く末について,社会的事象や環境変化、人の行動、コミュニケーションの視点から幅広くお話ししてくださりました。後半は受講生からの質問に答えて頂き、活発な議論となりまた。山極先生独自の切り口で語っていただきとても熱い講義でした。
また、リフレクションも大いに盛り上がりました。
モデレーターは、第一期・二期修了生の方々が務めてくださりました。担当教員は、総合生存学館教授の山口栄一先生が務めてくださりました。
講義後は、ELPsの修了生の組織である思修館俱楽部主催の懇親会が開かれました。思修館俱楽部の方々から受講生、先生方までたくさんの方々が集まり、楽しい会となりました。