年間スケジュール

4月から7月(前期)及び10月から12月(後期)の2期制とし、通期で学んでいただきます。
毎週土曜日に4コマの授業を行ない、各期全46コマ(1コマ=90分)をご提供いたします。
(なお、ご希望の方には、前期あるいは後期の1期のみの受講が可能です。)

前期(2022年4月〜7月)のスケジュール

日程午前(10:00〜13:10)午後(14:10〜17:20)
4/23
(土)
開講式、導入ワークショップ:宮野公樹先生〈合宿研修1日目〉
『脳の暗号を解読する』
他者から見える世界を知ることができるか
講師:神谷之康
4/24
(日)
〈合宿研修2日目〉
『寛容であるとはどういうことか』
ヒンドゥー教を通して見る多様性と寛容
講師:赤松明彦
5/7
(土)
『宇宙を支配する数式』
宇宙のすべてを解き明かす素粒子物理学、その現状と課題、超ひも理論へ。
講師:橋本幸士
『書へのいざない』
東洋芸術の第一であった書の過去・現在・未来
講師:杭迫柏樹
5/14
(土)
※9:00~『茶の心 ―和・敬・清・寂―』
茶道精神が普遍的な平和思想である
講師:千玄室
※13:10~『日本の地下で何が起きているのか』
地球科学で地震噴火の活動期を賢く生き抜く
講師:鎌田浩毅
5/21
(土)
『生命の今とキリスト教思想』
現代の生命論を再考する
講師:芦名定道
『気候変動の経済学』
脱炭素社会実現に向けたイノベーション戦略
講師:井上恵美子
5/28
(土)
『日本の経済社会の将来を考える』
「経済成長至上主義」という価値観を再考する
講師:佐伯啓思
『人口減少社会のデザイン』
拡大・成長から持続可能性へ
講師:広井良典
6/4
(土)
『小胞体ストレス応答』
私達の細胞が持っている驚異の復元力
講師:森和俊
『自己と非自己の免疫学』
新しい免疫医療に向けて
講師:坂口志文
6/11
(土)
『「物となって見、考え、行う」哲学』
京都学派の技術知をひもとき、世界を再考する
講師:上原麻有子
『人工知能とそのインパクト』
人工知能とは何か、その技術の考え方とインパクトを議論する
講師:金出武雄
6/18
(土)
『日本文明論および日韓関係』
新しい生命論、群島文明論、新しい東アジア
講師:小倉紀蔵
『現代史概論』
20世紀を多角的にとらえる
講師:藤原辰史
6/25
(土)
『子どものがん』
子どものがんを克服するための挑戦
講師:滝田順子
『西洋美術の革新者たち』
ルネサンスの「巨匠」誕生のメカニズム
講師:平川佳世
7/2
(土)
『文学作品を深く読むこと ― 教養とは何か』
生きる力の土台を形成する物語の作用
講師:廣野由美子
『文化冷戦と科学技術』
アメリカ対外情報政策の影響と限界
講師:森口由香
7/9
(土)
『発展・成長へのエコシステム』
エコシステム構築と社会科学的素養の意義
講師:矢野誠
『人類の進化と文化のミスマッチ』
人類の進化史と文明史を遡り、どこで間違ったかを探り当て、未来社会を展望する
講師:山極壽一
7/16
(土)
『〈からまりしろ〉としての建築』
生命のような建築をつくることは可能か
講師:平田晃久
リフレクション『血肉と化す知性』
結局何なのか?と問う意味
講師:宮野公樹

後期(2022年10月〜12月)のスケジュール

日程午前(10:00〜13:10)午後(14:10〜17:20)
10/1
(土)
開講式〈合宿研修1日目〉
『「想定の範囲内の差異」の向こう側へ』
文化人類学を通して「あたりまえメガネ」を外してみる
講師:石井美保
10/2
(日)
〈合宿研修2日目〉
『においは薬になりますか』
多勢の意見が必ずしも真理なのではない
講師:伊藤美千穂
10/8
(土)
『異文化理解こそが次世代社会の条件』
グローバル化のなかの多様性と文化の役割を考える
講師:ウスビ・サコ
『樂茶碗はなぜ黒いのか』
茶碗から見る日本文化のくくり
講師:樂直入
10/15
(土)
『大切な問いに向き合う『問いのデザイン』』
多様な個を活かすも埋没させるも「問い」しだい
講師:塩瀬隆之
『家族関係の多様化と個人のアイデンティティ』
多文化主義の視点からみた国家法と宗教規範の協働
講師:西谷祐子
10/22
(土)
『潜水目視調査から考える海の未来』
多様性とつながり
講師:益田玲爾
『いけばなの美と哲学』※14:20~17:30
いけばなにみられる日本の美意識と精神性を造形から解く
講師:池坊専好
10/29
(土)
『気体の科学と技術』
新しい多孔性材料による「霞(水蒸気、空気)を食って生きる」未来を展望する
講師:北川進
『(タイトル未定)』
複合領域
講師:浅利美鈴
11/5
(土)
『タイから考えるケアと老い、そして自由』
高齢化社会に生きる個とつながりを他文化に学ぶ
講師:速水洋子
『尊厳ある生を支える緩和ケア』
重篤な病を患う人の「その人である」ことへの支援
講師:田村恵子
11/12
(土)
『有人宇宙活動』
人類の宇宙展開は何をめざすのか
講師:土井隆雄
『能面が私達に語りかけてくるもの』
能面を通して、世界最古の演劇「能」の魅力に迫る
講師:金剛永謹
11/19
(土)
『稽古と無心-「しなやかさ」の系譜』
ハプニングに対応する身心の土台
講師:西平直
『数学的思考力とは何か』
予測不能な時代に必要となる数学的な考え方を身につける
講師:森重文
11/26
(土)
『機械学習』
自ら学習する人工知能の仕組みと応用
講師:鹿島久嗣
『脳のネットワーク』
脳の動作原理の解明に向けて
講師:渡邉大
12/3
(土)
『中国経済発展の本質と行方』
近代的制度と価値観なくして近代国家なし
講師:劉徳強
『穏健イスラームの可能性』
スーフィズムの挑戦
講師:東長靖
12/10
(土)
『人新世(Anthropocene)を生きる』
科学技術のELSIと人間の使命
講師:鈴木晶子
『禅と日本文化』
禅の教えとリーダーシップの醸成
講師:松山大耕
12/17
(土)
『免疫システムから老年病を考える』
高齢化社会;老化の生理と病理をめぐって
講師:湊長博
『血肉と化す知性』
結局何なのか?と問う意味
講師:宮野公樹

 

タイムテーブル

講義は10時から始まる1限から4限までの通しになります。
・講義は、2限を1セットとします。
・午前、午後あわせて、1日2名の教授による講義が行われます。
(講義内容やテーマにより、コマ割りが変則的になる場合があります。)
・リフレクションタイムでは、1日の講義を振り返って受講生間で意見交換を行います。
・自由参加の課外プログラムでは、京都大学のネットワークを活かした特別プログラムを準備しています。
1日の流れ
1限 10:30〜11:30(90分)
講義A(前半)
2限 11:40〜13:10(90分)
講義A(後半)
13:10〜14:10(60分)
ランチタイム
3限 14:10〜15:40(90分)
講義B(前半)
4限 15:50〜17:20(90分)
講義B(後半)
17:20〜18:10
リフレクションタイム
課外プログラム、勉強会など
(自由参加)

*2020年度は新型コロナウイルスの影響により、対面講義は中止とし、別途オンライン講義を行いました。

*2021年度の講義スケジュールはこちらをクリックしてください。
*2019年度の講義スケジュールはこちらをクリックしてください。
*2018年度の講義スケジュールはこちらをクリックしてください。
*2017年度の講義スケジュールはこちらをクリックしてください。
*2016年度の講義スケジュールはこちらをクリックしてください。
*2015年度の講義スケジュールはこちらをクリックしてください。